Wanderlst

Power Junction

Power Junction定格

入力
DC+12V 1A

出力
DC+9V 0.7A (LM317をケースに固定してください)

2006.10.8 ダイオードの代替え品

ダイオードの代替えとして、1N4001は1N4002でも大丈夫ですか?と質問を受けました。

ダイオードは保護目的としてしか使っていないので、1N4002でも代替えができます。なお、1N4005やD1N20、D1N60等、整流用高耐圧ダイオードであれば、OKです。

いいかえると、手持ちのダイオードに該当の品があれば、1N4001でなくてもいいです。

2006.8.2 内部の配線

すでに対処されてる方も多いかと思いますが、DCジャックがたくさん並ぶため、写真のように0.8mm〜1mm程度のすずめっき線をはわせて、配線してもOKです。なお、針金はNGです。かならずすずめっき線で配線してください。

しっかし、GingaDropsさんのつや消しブラックケースかっこいい・・・。Good Job!

2006.7.19 Power Junction

Ginga Dropsの店長さんがPower Supplyの命名をしてくださいました。新たにPower Junctionと名前を変更しまし、パターンも今まで作りにくかった点を反映して修正し、さらに小型にしました。回路に変更点はありません。

基板販売はRev.Cの基板を作成します。今まで作成されていた方のために、Rev.Bも公開しておきますが、参照程度にとどめてください。

2006.7.3 FAQ2

Q21 LM317Tでも構いませんか?

LM317PとLM317Tの違いは、フルモールドかそうでないかという違いだけですので、問題ありません。ただ、Q1の注意事項もよく読んでからお決めください。ちなみに、GingaDropsさんでLM317Pの取り扱っています。これから購入する予定で、特に理由がないのであれば、LM317Pの方を購入してください。

Q22 RXEF065ってどこに売ってますか?

GingaDropsさんで販売しています。「その他」の「ソケット・工具・備品」にあります。

Q23 9Vに調整するときに、意図的に9Vより少し高い電圧にしてもエフェクタによっては不具合が出ることはありますか?

わかりません。ほとんどのエフェクタは問題がないとおもいますが、メーカーが保証していない以上、私が保証できるわけがありません。やるとしても自己責任でお願いします。

Q24 INを24V等にして、パワーサプライの出力の一つだけを18Vにしたいんですが、できませんか?

できません。出力は全て同じでないといけません。

Q25 パワーサプライの内部で一つの出力だけをセンタープラス出力にすることは出来ますか?

できます。その場合は、プラスマイナスを反転させてハンダ付けしてください。ただし、実際に使う場合は、極性反転した出力をセンターマイナスのエフェクタにつなげないように注意してください。

Q26 ダイオードは他のダイオードでも代用できますか?

できますが、1N914等、スイッチング用のダイオードではなくて、1N4001のような逆耐圧/高耐電流の整流ダイオードを使ってください。よく分からない場合は、指定の物以外はつかわないでください。

Q27 LEDは何色でも問題ありませんか?

問題ありません。かなり特殊なLEDでなければ。

Q28 基板が欲しいのですが、売っては頂けませんか?

パワーサプライ等のオリジナル回路の基板に関しては、現在あるショップで販売していただけるよう調整しています。もう少々お待ちください。

Q29 回路を見ると、9VとGNDはつながる先が同じように見えますが、個別に配線しないとだめですか?

いえ、そんなことはありません。DCジャックを並べて、スズメッキ線などでハンダ付けしてから、1本だけを基板につなげてもOKです。この説明がよく分からない場合は、個別に配線してください。

Q30 -9Vって作れませんか?

作れないことはないでのすが、いくつか条件があるので、作れないと言っておきます。

2006.6.28 FAQ

Power Supplyの作成について、説明不足なのかいくつか質問を頂いており、個別に返信しましたが、今後のためにFAQの形でまとめました。

Q1. LM317Pのフルモールドタイプって何?

トランジスタを大きくしたこのパッケージをTO-220と呼んでいます。このタイプは下の写真のような放熱板がついており、この放熱板が、金属剥き出しか、プラスチックで覆われているかの違いがあります。このプラスチックで覆われたタイプをフルモールドと呼んでいます。

金属が剥き出しの場合、何処かのピンとショートしていることが多く、通常はGNDにつながっているモノが多いのですが、LM317は、Voutにつながっています。ケースをGNDにすることが多く、今回のように、ケースとICが接触する可能性がある場合、9VとGNDがショートしてしまいます。なので、安全面から絶縁処理がされたフルモールドタイプを使用して欲しいというわけです。ちなみに、金属が剥き出しの場合でも、ケースと接触しないように固定できれば、特に問題はありません。

Q2. なぜDC12VのACアダプタなの?

LM317にかぎらず、この手の降圧をするICを3端子レギュレータとか、リニアレギュレータと呼んでいます。出力を安定させるためには、入力電圧が出力電圧よりも+3V以上高くなくては、安定しません。(LDOと呼ばれるタイプを除く)
今回は出力電圧が+9Vなので、入力電圧を3V高い+12Vを入力としているのはそのためです。なお、+12Vを超える電圧でも構いませんが、効率が悪くなるため、発熱量も多くなるので、必ず+12Vを使ってください。

Q3 DCジャックの出力の数を増やしたいんだけど?

可能です。が、次の点に注意してください。
・LM317は1.5Aまで出力できるようになってはいますが、保護ダイオードに1N400Xを使っている関係で、実際に出力できるのは700mA程度です。消費電流の合計が、絶対にそれを超えないようにしてください。
・LM317をケースにねじで固定して、ケースをヒートシンクの代わりにしてください。

Q4 ケースとかにDCプラグを触れるとPower SupplyのLEDが消えちゃうんだけど、大丈夫?

LM317はショート保護がついているため大丈夫ですが、わざとショートさせないようにしてください。

Q5 入力につける1500uFの電解コンデンサの背が高くて入らないんだけど、寝せてもイイ?

問題ありません。

Q6 ノイズがでるんだけど?

金属ケースに入れてみてください。それでもノイズがでるなら、ACアダプタを変えてみるか、1500uFの電解コンデンサがハンダ不良を起こしていませんか?

Q7 9Vよりもかなり低い電圧しかでないんだけど?

考えられる大半が配線ミスです。すぐにACアダプタを抜いて、配線を確認してください。なお、LM317はタフなのでちょっとやそっとでは壊れません。
ちなみに、 ACアダプタは、必ずDC+12Vを使ってください。いいですか?AC12Vとかは絶対にダメですよ

Q8 ケースの穴開けた大変なんだけど、どうしたらいいかなー

道具買って気合いで空けてください。
どうしても穴あけが出来ないなら、GingaDropsさんがPowerSupplyの穴開けをサービスのラインナップに加えてくださるようですので、それまで待ちましょう。

Q9 PCBパターンが間違ってない?

そ、そういうことは、こっそりおしえてください。こっそり・・・(汗

Q10 1500uFのコンデンサは何を使ったらいいですか?

日本ケミコンのKZHシリーズかKZEシリーズがいいです。入手困難なら、他のでも問題ありません。
全てのことに言えることですが、コンデンサの耐電圧にも注意してください。必ず入力電圧よりも大きい耐圧のものを使ってください。DC+12VのACアダプタを使う場合は、16V以上の耐圧にしてください。

Q11 もっとちっこいケースにいれてもいい?

可能です。それはあなたの努力次第で、いくらでも。

Q12 ひよこさんのPowerSupplyとどう違うの?

得られる結果は同じです。こちらの回路は電圧調整が出来き、保護ダイオードが多めについていると事ぐらいですが、それが売りになるというほどでもありませんし、どちらをつくるかはあなた次第です。

Q13 ポリスイッチはつけなくてもイイの?

いいですよ。その場合は、ジャンパーを入れてください。
ポリスイッチは、過剰電流の発生時に、電源供給ををシャットダウンして、ACアダプタやエフェクタを保護するためについています。そういう意味では、この回路で使っているダイオードも全部保護のためです。

Q14 もう一個つくっていい?

どうぞ〜。もう1個といわず、いくつでも。

Q15 まやさん、暇人ですか?

暇に見えますか?暇に見えたらうれしいですなw

Q16 OUT2が2つあるの直らないの?

直す気力もあらへん。

Q17 まやさん、アホですか?

アホと自覚しております。

Q18 ネタが尽きてきたでしょ?

え?!バレタ!?

Q19 どうみても、Q15からおかしいじゃん!

さすが読者様。気がついておいでですか。

Q20 それ単なる一人ボケ突っ込み。

orz

2006.6.1 回路修正

回路修正し、PCBを作り替えました。

実際に私が使っていると、手動のスイッチは使わないので、代わりにポリスイッチを使って過剰電流の発生時にシャットダウンするようにしました。後は出力側にもダイオード追加。

私は2台目を作る予定がないので、こちらでのテストは行っていません。問題あったら報告いただけると幸いです。

回路図・PCB・部品表のダウンロード

先日の日記で基板申し込みされた方、後日こちらのにゅ〜基板つくって送ります。LM317Pとポリスイッチは秋月に売っていますが、このためだけに別途購入も何ですので、サービスで同梱しときやす。

2006.3.31 内部配線図

内部配線図作成しました。下の回路図と同じ場所に追加してあります。

これを使っていると、今まで聞こえていたハムノイズがぴたっと収まりました。

2006.3.30 ラベル貼り

OUT2が二つあるのは気のせいです・・・(汗

張り終えたときに気がついた〜〜〜〜(T-T

2006.2.27 完成

まだラベル貼ってないですが、こんな感じになりました。ケースは、小型のHAMMOND1590Aです。Ginga Dropsさんで販売してます。

回路図には1500uFのコンデンサの指定がありますが、リプル除去用なので、入手できなければ220uFあたりでもOKです。私は日本ケミコンのKZH(低ESRタイプ)の1500uFを使いました。ちょうど高さがぴったりです。

2006.2.26 回路図

回路の検証がとれましたので、回路図を載せておきます。現在ケースの穴あけをしてるので、完成したらまた写真アップします。

回路図のダウンロード
配線パターンダウンロード
内部配線図のダウンロード

(Rev.B公開に伴い、Rev.Aのダウンロードは停止しました)

注意:
今回使用した3端子レギュレータは電圧可変式ですので、出力電圧をテスターで測りながら、可変抵抗(トリマー)を調整して9Vにあわせてください。7809を使わずに317にした理由は、7809よりも317のほうが出力リップルが少ないと聞いたことがあるからです。(本当かどうかはしりませんが)

2006.2.24 電源

エフェクターに限らず電子機器をつかうには電源が必要です。エフェクターも電池駆動だけでは電池代がかかってしまい、ACアダプターを使う場面も多いかと思います。私はいつもACアダプタを使っています。エフェクターに使われる電源は電池の関係から9Vがほとんどです。ACアダプタのジャックがついていますが、市販のエフェクター用のACアダプタは電流供給力が少なく、大きくても300mA程度です。

300mAあれば2,3台のエフェクターなら問題ありませんが、もう少しつなげたいときには心許ないです。
(え?そんなにつなげない?)

ところで、電流が不足するとどうなるのか?定格以上に電流を流そうとすると、オームの法則に則り、その電流を保とうと電圧が下がります。電圧が下がるとまともにエフェクターが動かなくなるばかりか、ACアダプタも熱を帯びてきます。非常に危険です。

さらには、最近のACアダプタはスイッチング電源が殆どなので、スイッチング電源が発生するノイズがエフェクターに進入し、出力にノイズとして乗ってきます。そのノイズを抑えるためにフィルターを強くすると、本来でなければならないはずの音までも減衰されて音が悪くなります。エフェクターにも電源からのノイズを抑えるための簡単な仕掛けがしてあるものがありますが、そんなことより電源からのノイズが少ない方がいいわけです。

なので、オーディオにとって電源はかなり重要なポイントなのですが、意外と軽視されがちです。

そこで、少し余裕を持った電流供給能力とノイズのでにくい電源設計が望まれます。それを解決するのが今回のパワーサプライです。

実はパワーサプライ自体の回路は簡単なのですが、今回の電源はACアダプタを使います。

え?それって矛盾してない?と思った方は鋭いです。

AC100Vからトランスを使って変圧してからレギュレータで変圧するのが一番ノイズがでないいい電源ができるのですが、トランスはでかい、重い、高圧回路なので初心者にお勧めできないといった理由から、市販のACアダプタをつかってレギュレータと呼ばれるICで安定した9Vに変圧します。エフェクターは持ち運ぶことも考えないといけないので、デカイ、オモイ トランスはあんまり望まれません。なので、ACアダプタはDC12V、1A以上を使います。