Wanderlst

Tomionanger - Octave Up and Dry switcher

2006.10.31 基板完成

音が出るかは別として、とりあえず基板まで作りました。

モメンタリータイプのフットスイッチ買ってこないと。

2006.10.27 アートワーク完了

ずいぶん前に回路ができていたのに基板が作れなかったため、放置状態になっていましたが、ようやくアートワーク終わりました。疑似ワーミーぽくなるといいですが、どうなるかなー。スイッチのノイズもちょっと気になるところではあります。

おーし。明日基板作るどー!

2006.8.28 改名

TOMIOさんから許可が出たので、改名しました。Tomionanger。

どうやって許可を取ったかというと、TOMIOさんが作っているCE-2が鳴らないとのことで、その原因を探していたとき、私が配線ミスを見つけたことから始まります。

電圧とか測ってもらったのですが、特に問題がありません。しかたないので、基板の写真送ってもらって確認したら、すぐ見つかりました。

配線ミス。やっぱ原因なんてそんなもんです。

というわけで、そのときのTOMIOさんの会話。

TOMOの発言: キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
mayaの発言: やっぱり単なる配線ミスかいw
TOMOの発言: だねw
mayaの発言: 見つけた謝礼に、Tomionangerの許可をすること。以上w
TOMOの発言: むぅ…
mayaの発言: あのままだったら、一生見つけられなかったかもしれないよ?その礼ならやすいもんでそ?w
mayaの発言: (ニヤニヤニヤニヤ
TOMOの発言: ま、まぁね…;
mayaの発言: うん。けってい。
mayaの発言: じゃ、早速名前変えよっと
TOMOの発言: (;ωノ|柱|。。。
mayaの発言: 若葉〜〜!勝ち取ったよ!君のつけた名前がでるYO

こういう攻め方には弱いTOMIOさんでした。

 

・・・・ええ、ごめんなさい。こんなくだらないネタUPして・・・。

2006.8.25 一庵さんから

先日、一庵さんからメールが届きました。

KomakaingerとShrillの話ですが、私はリングモジュレータのX-Y入力に同じ信号を突っ込んでオクターブアップさせたオクターブ音は結構好きです。Dry音をカットするのも楽ですし…

先日Shrillの試作をつくったのだけど、そのときにこれと同じ事を思いつきました。Shrillとしての結果は失敗だったのですが、こちらでは使えるんじゃないかなーと思ったわけです。まあ、憶測だったのでこのメールを頂いたときはうれしかったのであります。

一庵さんありがとうございました。

2006.8.22 アレ?

QuickSandの試作回路図ができたとTOMIOさんに報告していたんだけど、その後の会話で、どうもTOMIOさんのイメージしている物と、私の考えている物が全く別物だと判明。

どうも、QuickSandは私の誤解から生んだ偶然のネタだったようで。まあ、試作回路までつくっちゃったし、これはこれでおもしろそうなので、作ってみることにした。

ところで、TOMIOさんのイメージは、エフェクトは原音とオクターブアップされた音との合成で、スイッチを押したときだけ、エフェクト音から原音を抜き取りたいと言うことらしい。

まあ、それはそれで個別に作ってみようって事で、忘れないようにプロジェクト立ち上げてみた。

ところで、最初、名前は若葉がTomionangerというかっこいい名前を考えてくれたんだけど、

TOMOの発言:
駄目━拒否━禁止━却下━ヽ(#゚Д゚)ノ━却下━禁止━拒否━駄目です

ということで、仕方なく、若葉が別の名前を考えてくれました。

TOMIOさん、何が不満ですかぁ・・・