Wanderlst

Volume Pedal with Buffer

2007.1.3 改造

先日、TOMIOさんからKORGのボリュームペダルを譲ってもらいました。ギターからボリュームPOTを取っていたので、これが必要でした。買おうかどうか迷っていたところ、TOMIOさんが持っているというので、譲ってもらったというわけです。

それがこれ。でけーでけー。んでも、踏みやすくてええんじゃないでしょうか。

とはいえ、これで終わったら意味がない。(何が?

そこで、バッファを入れることにしました。単なるバッファなので音的に変わるとは思えないんですが、ここにいいバッファを入れてエフェクタ側のバッファをとってもいいかなーと。

てなわけで、久々に基板を作ってみました。

回路は秘密です(笑
知ってる人は知ってるかと思いますが、無駄に高いIC使ってるのは内緒です(汗

このボリュームペダルは2ラインのボリューム変化ができるのですけが、2ラインつーてもステレオ用にもできるけど、どっちかつーとギターラインとアンプライン用みたいですな。ボリュームのPOTの値が違いました。

このまま2ラインでもいいんだけど私は使わないので、ちょっと仕様を変更することに。ギター2本の入力が可能で、スイッチで切り替えられるようにしました。今後ライブやるときにギター2本使うこともありそうですしなー。スイッチは簡単に切り替えられないようにロック式になってます。

取り付けたらこんな感じ。内部は4連POT(50K/50K/100K/100K)が使われてました。

さて、実際に使ってみると・・・ノイズが消えた・・・。なにこれ?いや、実際には聞こえるけど、ほとんどノイズがでねぇ・・・。逆に静かすぎてこわいんだけど(笑

え?音っすか?音の変化は感じられないですねぇ。まあ、バッファだし、あっても困るからこれでいいんだけどね。エフェクタつなげていくとまた違うのかも知れないけど、ボリュームペダル使っている方、バッファ回路つけるといいかも。